仕事悩み、人間関係の悩み、不毛な悩みをしないために

スポンサードリンク

現代の社会において

仕事は多くの時間を費やし、悩みはつきません。

仕事で多い悩みとして今回は、人間関係をあげてみました。

 

 

 

人間関係の悩み

 

仕事場での悩みは人間関係であることが多いとのことです。

何となくストレスがたまっている、仕事に行くのが嫌だ。

思い返してみると人間関係に行き着きます。

 

それもすぐ上の上司や部下、同僚など近い人間関係

が仕事の悩みになる事は少なくありません。

 

上司と合わない、自分を嫌ってる感じがする

部下に敬われていない、部下が仕事をしない

同僚と上手く行かない、嫉妬する嫉妬される

 

研究でも仕事場の人間関係が上手くいっていると

寿命が伸びるという研究もあるようです。

 

今回はこの難しい人間関係についての記事です。

 

正しいのはどちらか?

 

相手と自分、どちらが悪いかと考えると

相手の方が悪いという結論になる場合は多いでしょう。

 

周りに当たる上司、仕事をしない部下

悪いのは相手である事は多く。

「何でわかってくれないんだろう、悪いのはあいつだ。」

と思う事はしばしばです。

 

それを何とかしようとして、そこでとる方法は

説得したり、どちらが悪いかということに注目しがちです。

 

残念ながら、説得は上手くいけばいくほど状況は悪化する事が多いです。

図星の指摘であるほど、嫌われることが多くなってしまいます。

 

かといって自分が変わらなければならないと考えるのも腹が立ちます。

相手が悪いのに自分が何かを治さなければならないのか。

悪いのは相手だから自分が変わる必要は無い。

 

その通りです。

しかし、悪い相手の為に不毛な説得を試みたり

そのために悩んでいる事の方がばからしくはありませんか。

 

ではどうすれば良いでしょうか。

 

問題を整理して交渉する。

 

面倒くさい事をいろいろ書いてきました。

これから解決方法についてです。

 

 

人間関係の問題で一番難しい部分は相手について考えることから

自分について考えるように、モードを変える事です。

相手の方ばかり向いていたモードを自分の方向を向けることです。

 

相手の事ばかり考えていた方向を自分へ向けることが必要です。

それは自分が悪いから変わる必要があるのではないけれど、解決のために有効だからです。

ある意味この切り替えが出来れば難しいところはクリアしたといえます。

 

このポイントを切り替えることで今までと違った道が見えてきます。

 

自分の目に向けば効果的な対応は考えられます。

相手は変わらないとして、どのような対応を取れるのかと考えれば

【問題解決療法】などが役立ちます。

 

相手が与える影響で自分の怒りや、不安がおこるのであれば

【コラム法】が役に立つかもしれません。

 

仕事の悩みで多い人間関係についての説明でした。

 

スポンサードリンク

コメントを残す


6 − = 二

サブコンテンツ

このページの先頭へ