就活うつになりやすい人、考え

スポンサードリンク

yahooニュースで就活うつが話題になっていました。

以前も話題になっており、就活うつは良く取り上げられるようです。

 

 

就活うつになる原因

 

就活はうつ病になりやすい環境です。

自分を否定されたり、自信を無くしたり。

否定的な自動思考が出てきてさらに落ち込んでうつ病になってしまいます。

 

敵を知ることは予防の準備になります。

ストレスがかかったときに勝手に出てきてしまう考え方を紹介します。

 

就活ではマイナスの思考が出やすい

 

では就活で出てきやすいマイナス思考について説明します。

読んでみると、考えてしまいそうなことばかりです。

 

「この就職先に落ちた、私は人生の失敗者だ。」

これは全か無か思考です。

仕事の面における失敗が人生の失敗と極端に考えてしまうパターンです。

 

「この就職先に落ちたら、今後は何も上手くいかない。」

破局視と言う考えです。

未来の事を完全に否定的に判断してしまうパターンです。

 

「自分は役立たずだ。」

レッテル貼りと言う考えです。

いろいろな面がある自分を「役立たず。」の一言に決めつけてしまうパターンです。

 

「就職試験に落ちるということは社会人として失格だと言うことだ。」

心のフィルターです。

学校で良い成績を取ったことがあったり、友人がいたり、他に良い面はあるけれど

そこには目が行かず、悪い面だけで自分の判断をしてしまうことです。

 

「自分は就職試験に受からねばならない。」

「就職試験に落ちるべきではない。」

ねばならない、べき思考です。

 

就活うつを治す、予防する。

 

就活の時に良く出てくるパターンを並べてみました。

 

就職に失敗するとこれらの考えが出てきます。

それを、否定的な自動思考と言われると

自分の思った事を否定された感じがします。

 

しかし、医学は実際に治ることを目標とします。

確かに本当な部分はあるかも知れませんが100%と言う事はありません。

 

しかも、その様な考え方になってしまうこと自体が

就活にはマイナスに働いてしまう作用があります。

 

自動思考が出てきたときは、それに巻き込まれないことが大切です。

またこんな風に考えてしまっているな。

そうかも知れないけど、そう考えても状況は悪くなるだけだけだから

あまりその事ばかり考えないようにしよう。

 

考える事を自動思考に左右されず

目標を達成していくことがうつにならない就活の秘訣です。

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す


6 − 六 =

サブコンテンツ

このページの先頭へ