気持ちを理解して分かってあげるための方法

スポンサードリンク

話を聞いて分かってもらったかどうか

今回は分かってもらうための方法について書きます。

 

 

分かってもらうとは

 

分かってもらうとはどういう状態なのでしょうか。

長く時間を聞けば良いと言うわけではありません。

 

分かってもらえてないとき

 

まずは分かってもらえていないときはどんな時

 

話を聞いてくれる時間が短い

眼を合わせないで上の空で聞いている。

 

この辺りの理由は最もでしょう

しかし、ある程度の時間を眼を合わせて聞いてくれれば

分かってもらったかというとそうでも無いことが多いです。

 

感情を聞いてもらうこと

 

分かってもらった時の言葉から考えてみますと

 

気持ちを理解してくれた。

という表現をすることが多いです。

 

気持ち、すなわち感情を理解してしてもらえたと思ったとき

分かってもらえたという気分になります。

 

逆に言えば感情を聞いていかないと

眼を合わせて、長い時間聞いても分かってもらえないと言うことになります。

 

また、感情というのは特に日本人は表現しにくいです。

グチを聞くだけどのような気持ちだったかに踏み込めない

なかなか気持ちを分かってくれたとはならないことが多いです。

 

感情を理解してあげるためには

 

ではどうすれば気持ちを分かってあげることができるか

 

感情を聞いてあげる

 

感情は直接は表現されないことが多いです。

では感情を当ててあげれば良いか。

 

感情を言ってしまうと

感情を決められたように感じてしまい

都合が悪い時があります。

 

一番良い方法は

感情を自分から話せるように聞いていってあげること

 

自分では表現しにくい感情については

聞き手の方から聞いてあげることが大切です。

 

気持ちを理解したことを伝える

 

コミュニケーションは双方向です。

感情を話す事が出来たとしても

感情が伝わったことを返してあげる必要があります。

 

気持ちを聞き出していくことが出来た後は

その様な感情になっていることを

相手にもう一度伝える必要があります。

 

自分からは出てきにくい感情を

聞いてあげることで引き出して理解したことを伝えること

 

気持ちを分かってあげるための方法でした。

 

スポンサードリンク

コメントを残す


九 − 7 =

サブコンテンツ

このページの先頭へ