睡眠薬を飲んでも眠れない理由

スポンサードリンク

睡眠薬を飲んでも眠れない時

そんな時にどうすれば良いかについてです。

 

 

睡眠薬の効果

 

まずは睡眠薬がどのような作用があるかについてです。

 

今の睡眠薬は害が少ないように出来ている

 

現在の睡眠薬の多くはベンゾジアゼピンという部類に入ります。

それに対して昔の睡眠薬はバルビツールという種類がありました。

 

何が違うかというと安全性です。

昔の薬に比べて現在のベンゾジアゼピンは害が少ないように

作られているという特徴があります。

 

睡眠薬の害で悪いものは

大量に飲んで呼吸が止まってしまうこと

効くからどんどん飲んで依存になってしまうことです。

 

それを改善したのがベンゾジアゼピンです。

 

ベンゾジアゼピン系睡眠薬の効果

 

従ってベンゾジアゼピンは

大量に飲んでも効果が出過ぎないように

効きすぎて依存にならないように改良された薬ということです。

 

そのため、不眠の時

今すぐに効いてほしくて

量を増やして飲んでも

それほど効果がなくなるということになります。

 

現在の睡眠薬は

辛いから何もかも忘れてすぐ寝たい時に使ってしまう薬から

なるべく害が少なく、寝るのを助ける薬

へ変わってきているということです。

 

現在の睡眠薬の効かせ方

 

ベンゾジアゼピンの特徴を説明してきました。

次はこの特徴の睡眠薬をどう使うかです。

 

量を増やして飲んでも効果がない

 

まずは寝るために量を増やすことはあまり効果がないということです。

 

決められた量までは効果がありますが

それ以上飲んでも効きは悪いです。

 

また、害は少ないと言っても

全く副作用が無い訳ではありません。

 

ふらつき、めまいなどありますし、

依存になってしまう可能性もゼロではありません。

 

効果がなく、副作用ばかりが目立ってしまいます。

効果がないからといって量を増やすと害ばかりが増えて眠れないことにもなりかねません。

 

眠くない時に飲んでも効果がない

 

説明したように

飲んですぐ眠る薬では依存性が出てしまいます。

 

そのためベンゾジアゼピンは眠るのを助ける作用になっています。

 

なるべく睡眠時間を取ろうと睡眠薬を早めに飲んでしまう方は多いです。

 

眠れないと辛いから9時ぐらいに睡眠薬を飲んでおこう。

そうすると途中で起きても後に寝る時間はいっぱいある。

 

残念ながら寝るまで長い時間がかかってしまいます。

さらにベットの上で眠れないでいると

ベットの上では眠れないことが癖になってしまいよくありません。

 

効果的な効かせ方は眠気を出すようにして

眠気が出たら薬の力も借りて眠ることです。

 

いつも寝る時間よりも長く起きていてください。

おすすめはいつもより2時間起きていることです。

 

くれぐれも途中で横になったりはしないように。

そして眠気が来たと思ったら薬を飲んで寝るようにしてください。

 

もともとの眠気と睡眠薬が合わさることで

睡眠が取れるようになります。

 

あともう一つ大切なことは

睡眠時間が短い時に昼寝で補おうとはしないでください。

むしろその日は全く横にならないことで次の日の睡眠を改善させることが効果的です。

 

睡眠薬の効果的な使い方でした。

 

スポンサードリンク

コメントを残す


七 + 9 =

サブコンテンツ

このページの先頭へ