頭痛薬を使い過ぎると頭痛が酷くなる?薬物乱用頭痛

スポンサードリンク

頭痛は人を多くの人を悩ませる症状です。

それを何とかしようとして薬ばかり飲んでしまうと

薬物乱用頭痛になってしまいます。

 

 

薬物乱用頭痛とは

 

薬物乱用頭痛とは頭痛薬を飲み過ぎることで

頭痛になってしまう症状です。

 

薬物乱用頭痛について

 

薬物乱用頭痛は実は頭痛の中で多く

頭痛の原因の第3位と言われます。

 

原因としては生物学的な原因も考えられていますが

はっきりとはしていないようです。

 

この薬物乱用頭痛の原因は何であったとしても

続けて薬を飲んでしまうことが悪化の原因になります。

 

そのため、どうやって薬をやめるかとiうところを

考える必要があり、行動を変えていくことが必要になります。

 

薬物乱用頭痛になる理由

 

まずはどのように薬物乱用頭痛になってしまうか

一般的は流れを説明します。

 

緊張性頭痛、片頭痛などはある方は多いです。

それらの病気でなくても頭痛はほとんどの人が経験しているのではないでしょうか。

 

症状があって辛いから薬を飲む。そうすると楽になる。

これが薬を飲むときのパターンです。

 

これならば問題は無いのですが徐々に

痛くなりそうな感じがするから飲むというパターンになります。

 

そうすると痛くない状態で薬を飲んでしまい、薬物を多く使ってしまうことになります。

 

薬物乱用頭痛における感覚の役割

 

薬物が乱用になってしまうパターンについてみてきました。

今度は薬物乱用によって頭痛が酷くなる理由です。

 

頭痛への感覚が敏感になる

 

痛くなったら薬を飲むという状態と

痛くなりそうだから薬を飲むという状態で違うところは

 

前者は痛くなるまでは痛みに感覚は向いていませんが

後者になるといつも痛くなるのではないかと

痛みに感覚を向ける訓練をしていることになります。

 

人間の感覚は訓練で鍛えられます。

妄牌という麻雀で指の感覚だけで牌を知る方法があります。

最初のうちは意味が分からなかった感覚でも

訓練することで識別できるようになるのは人間の能力です。

 

しかし、この能力は頭痛の時も使われてしまいます。

頭痛が起きそうになったら薬を飲もうとしていると

頭痛に対する感覚はどんどん敏感になっていきます。

 

訓練によって鍛えられてしまった頭痛への感覚

薬物乱用によって頭痛が悪化してしまう原因の一つです。

 

薬物乱用性頭痛の治療。

 

治療の方法の一つとしては

神経を鈍感にしていく方向が上手くいくことがあります。

 

痛くなりそうだなと思ったら飲む事をせずに

痛くなったら飲む事にする。

 

自分が痛みのことに気が向いているなと思ったら

痛みを紛らわそうとするのではなく

痛みがなかったならするだろう行動を構わずにすること

 

痛みが辛いのにそんなこと出来るわけ無いじゃないか

気持ちはもちろん分かります。

 

これらをすれば痛みはすぐに治りますとは言いませんが

長期的に見ると強力な方法になると言う事も頭の片隅に置いておいて下さい。

 

薬物乱用性頭痛の説明でした。

 

スポンサードリンク

コメントを残す


二 + = 8

サブコンテンツ

このページの先頭へ