ムカつくことを言われてもイライラしない方法

スポンサードリンク

今回はムカつくことを言われてもイライラしないための方法です。

 

感情を呼び起こす言葉

はじめにある言葉を書かせてもらいます。嫌な気分になる方が多いと思いますがご勘弁ください。

「黒板を思いっきり引っかいたら爪が割れた」

どうでした?何か感情は出てきました?気分は悪いですよね。すみません。

私の場合は肩から首のあたりがゾワッとして、耳の後ろが酸っぱいものを食べた時の感じがしました。

なぜ、このような感情が出てきたのでしょうか?ただ言葉が書いてあっただけです。

言葉というのは便利です。しかし、便利なでけではなく、このように私たちを不快な気分にさせるものでもあります。

ムカつく言葉を言われた時

では今度は題名にあるようにムカつく言葉を言われた時のことを思い出してください。

ムカつく言葉を言われたらイライラしますよね。説教で言われたくないことランキング によると

第1位は「なんで怒られてるかわかってるの?」とのことでした。これはムカつきますよね。

こんな風に言われたら、いろいろ考えがめぐります。

そんな言い方しなくてもいいだろうとか、そもそも私の責任じゃないのにとか、いろいろ考えがめぐります。

その結果やっぱりイライラしますよね。そんな時に使える別の方法です。

言葉の意味をなくす

言葉は感情を引き起こします。「黒板を思いっきり引っかいたら爪が割れた。」

ためしに声に出してみてください。何かの感覚が出ると思います。言葉がひっかかって、嫌な気分を引っ張ってきたような感じがします。

じつはこの言葉の意味をなくすことができるんです。イメージとしては言葉が感情を引っ掛けてくるのを、そのまますんなり流れるようにする感じでしょうか?

その方法が「言葉を繰り返す」です。「黒板消しを思いっきり引っかいたら爪が割れた。」となんども繰り返していってください。ゆっくり言ってみたり、早く言ってみたりしてください。

どうですか?言葉が感情を引っ張ってくる感じが少なくなってきませんか?

「黒板を思いっきり引っかいたら爪が割れた。」と考えないようにしたり、嫌本当に黒板消しを引っかいたわけじゃないし、そんなくらいで爪は割れないだろうとか考えて納得したら感情が無くなる感じもしますが、大丈夫だと納得したところで感情は消えないことが多いです。

それよりも、単純に何度か繰り返してしまう方が手っ取り早かったりします。

ムカつくなと思った時に何度かその言葉を繰り返す

では、ムカつく言葉を言われた時にどうすればいいか?ここまで読んできてくださった皆様にはわかりますよね。

「言葉を繰り返す。」です。

「なんで怒られてるかわかってるの?」そう言われるとムカついて、納得しようといろいろな考えがどんどん思いついたりするかもしれません。そうやって考えていってもいいのですが。

あとからもう一度考えるとまたイライラしてしまったりします。

言われた瞬間に言葉の引っ掛かりがなくなるまで何度も繰り返して みてください。

それまでのムカつく言葉がただの言葉になります。

スポンサードリンク

コメントを残す


+ 5 = 十三

サブコンテンツ

このページの先頭へ