ストレス解消の方法:行動療法の視点から

スポンサードリンク

今回はストレス解消の方法です。

行動療法の視点から説明します。

 

By: ayana

 

行動療法とは何か

 

ストレス解消のための前に

行動療法についての説明です。

 

行動を変えることで気分が変わる

 

行動は一般的には気分や感情によって

おこされると考えられます。

 

気分が良いと行動が増える

嬉しくなると笑う。

 

もちろんそれは間違ってはいません。

しかし、逆の方向にも働く事も忘れてはいけません。

 

行動が増えていくと気分が良くなりますし

笑顔を作ると喜びの感情が出てきます。

 

これを生かすのが行動療法です。

 

ストレスを解消するための行動

 

行動療法について説明した次は

ストレスを解消するための行動です。

 

ストレスはある程度溜めるまでは気付きにくい

 

ストレスというのは以外と気が付きにくいものです。

大丈夫かなと思ってると

急にガタッと調子を崩します。

 

ストレスが溜まったな、と思った時よりも

ストレスが溜まっていないと思っているときから

継続的にストレスを解消する方が効果的であることが多いです。

 

一回で何かをすればストレスが解消される

とまではうまくいきません。

 

継続的にストレスを解消することで

溜まったストレスを解決する方法が大切です。

 

行動療法で大切なのは習慣化

 

行動をかえれば気分や感情も変わるのですが

その行動を変えるのに大切なことが「習慣化」です。

 

ストレス解消の行動をするにも

ある程度の踏ん切りが必要です。

 

これが結構ストレスになったりします。

自分の好きな音楽を聴いてストレス解消したいけど

仕事も残っているし、どうしようかな。

 

その様な気持ちを持ちながら音楽を聴いても

仕事のことが気になってストレス解消にならないかも知れません。

 

解決する方法が習慣化です。

行動は最初に始めるときはエネルギーが必要ですが

継続すると小さなエネルギーでも続けることが出来ます。

 

どうやって習慣化するか

 

行動をどうやって習慣化するかですが

まず行うことは時間の設定です。

 

習慣化で大切なことは決められた時間です。

1日1回と決めていても時間が定まってなければ習慣化は難しいです。

 

例えば朝30分や寝る前30分と決めて下さい。

出来ればすることも決めておいた方が良いでしょう。

音楽を聴く、本を読むなど。

 

また、毎日でなくても構いません。

土曜日の朝に30分など曜日を決めてみて下さい。

 

ストレス解消のための行動療法でした。

 

スポンサードリンク

コメントを残す


4 × = 八

サブコンテンツ

このページの先頭へ