睡眠時間は長ければ良い?

スポンサードリンク

今回は睡眠時間についての記事です。

勘違いで苦しんでいる方が多いため、書かせていただきました。

 

 

適切な睡眠時間とは?

 

適切な睡眠時間がどれくらいか

気になっている人は多いと思います。

 

不眠になるパターン

 

適切な睡眠時間は6時間です。

何時に寝なければホルモンのバランスが崩れます。

 

睡眠のいろいろな情報にあふれています。

 

それらを眺めると自分の睡眠が悪いのではないか

心配になってきます。

心配になればなるほど眠れなくなってきます。

 

もともと睡眠を気にしていなかった人が

睡眠の情報を知ることで、不眠の心配をして

その結果、本当に不眠になってしまう。

 

実は多くの睡眠がこのように生じています。

 

適切な睡眠時間

 

では適切な睡眠時間とはどのくらいでしょうか。

それは人によって違います。

 

身長ごとに適切な体重が違うように

適切な睡眠時間も人によって違います

 

何時間眠らなければ〜ということではなく

人それぞれにあった睡眠習慣をつくる、ということが重要になります。

 

適切な睡眠をとるために

 

睡眠時間は人それぞれで

〜時間必要と考えないことが大切という話をしました。

次には適切な睡眠についてです。

 

睡眠が足りていないときのサイン

 

睡眠が足りていないときのサインは

日中の眠気です。

 

睡眠時間が少なくとも

日中に眠気が無ければ睡眠は足りてることが多いです。

 

従って多くの場合は

絶対的な睡眠時間の不足ではなく

睡眠を適切に配分出来ていないことが問題となることが多いです。

 

睡眠の質を上げるために

 

そうなるとやり方は適切な位置に睡眠を配置すること

が必要になってきます。

 

昼の睡眠を減らして夜に持ってくる

夕食を食べた後に少し寝てしまうのも夜にもってくる。

 

何が何でも夜寝ようとするとこのバランスが上手く行かず

夜寝れずに昼間にさらに眠くなる、というようになってしまうときがあります。

 

したがって、大切なのは寝ることでは無く

必要な所に睡眠を集めること、

集める睡眠がほとんどないのであれば、

無理して睡眠をとる必要は無いということです。

 

睡眠薬の役割

 

それでは睡眠薬は必要ないのではないかと思われるかもしれません。

その通りです。

睡眠薬を眠るために飲み続けるのは、良い睡眠には適切ではありません。

 

睡眠薬の本当の役割は短期間に

睡眠を一カ所に集めるための手段として使う

という使い方が必要です。

 

睡眠時間についての記事でした。

 

スポンサードリンク

コメントを残す


× 六 = 54

サブコンテンツ

このページの先頭へ