心の疲れの取り除き方

スポンサードリンク

今回はリラックスについてです。

体の疲れと心の疲れの違いについて説明します。

 

心の疲れはわかりにくい

 

心の疲れは

肉体の疲れに比べて気がつくのが難しいです。

 

肉体的な疲れ

 

肉体的な疲れはすぐ体に実感出来ます。

 

普段運動しない人が運動急に運動して疲れた時

体に休めというサインが出ます。

動けなくなったり、痛い所が出たり。

 

肉体的な疲れは、改善したのもわかりやすいです。

ゆっくり寝たりすれば体は楽になり

もう大丈夫かな、と思いやすいです。

 

心の疲れ

 

比較して精神的な疲れはわかりにくいです。

 

何か嫌な感じはするものの

精神的に疲れてるんだ、とは気づきません。

 

また、精神的な疲れは体にも影響を与えます。

頭痛がでたり、体がだるかったりします。

 

この場合は肉体的な疲れと違って休んでも改善しにくいです。

 

ゆっくり休んだはずなのに

まだ痛みやだるさが取れない

そんな場合は「心の疲れ」である可能性もあります。

 

心の疲れのいやし方

 

心の疲れの見つけ方の次は

心の疲れのいやし方です。

 

心の疲れはいやしにくい

 

残念ながら心の疲れと気づいた後も

そう簡単にはいやせません。

 

何が心の疲れになって、何がいやしであるか

それは人それぞれ違うところが問題です。

 

普段車に乗らない人は

車に乗るのがいやしかも知れませんが、

タクシードライバーにとっては

車の運転は心の疲れになっているかもしれません。

 

休日に観光したとしても

人によっては心の疲れになりますし、

ぼーっとして過ごすのなんて耐えられない、

というタイプの人もいるでしょう。

 

心の疲れのいやしかた

 

ここでやっと心の疲れのいやし方です。

3言で言えばトライandエラーand記録もしくは記憶でしょうか。

 

人間の予想は当てになりません。

いやすと思っていてした趣味が疲れになっていたとしても

今更やめられないからと、自分自身をだますことがあります。

 

必要なことは何でもまず試してみることです。

そしてその後の結果で心のいやしになっているか

心の疲れになっているかを見極め

 

見つけた心のいやしは大事に覚えておき

定期的に予定に組み込むことが大切です。

 

疲れたときよりもそのまえに

心のいやしを取り入れた方が、仕事の効率も良くなります。

 

心のいやし方についての記事でした。

 

スポンサードリンク

コメントを残す


一 × = 3

サブコンテンツ

このページの先頭へ