自分の励ますには優しいコーチで

スポンサードリンク

今回は病気に対する対応の仕方ではなく

病気に対応する自分をどう励ましていくかです。

 

 

鬼コーチと優しいコーチ

 

励ましてくれる人、教師とかコーチなど

どのような人があなたにとって理想的でしょうか。

 

鬼コーチ

 

一昔前にはやったのは鬼コーチです。

失敗すると怒り、成功すると「おまえはこんなもんじゃない。」

と励ます。

 

部活のコーチに多いタイプです。

スポーツを練習する人は鬼コーチの方が

びしばしやってくれて良いと思うかもしれません。

 

でも、病気を治す時には

良い所は誉めてほしいですよね。

とりあえず私は病気のときは鬼コーチは勘弁してほしいです。

 

優しいコーチ

 

やっぱり病気の時には優しくコーチしてほしいですよね。

 

しかし、優しいといっても何にもしてくれないコーチでは困ります。

良いときは思いっきり誉めてくれて

間違っている時も、さらっと治してくれる

 

そんなコーチいれば病気にも向かっていけそうです。

 

自分に対するコーチ

 

病気の時は鬼コーチでなく

優しいコーチに限る。

 

では自分自身をコーチするときにはどうしていますか。

 

自分には鬼コーチになってしまう。

 

鬼コーチじゃなくて優しいコーチが良い

では自分に対してどうやってはげましていますか。

 

多くの人は間違えたり失敗した時には

反省したり自分を責めたりしているのではないでしょうか。

 

人間は自分をコーチするときは

どう指導してほしいかということを忘れて

鬼コーチになってしまうことが多いです。

 

自分にとって優しいコーチを心がける

 

自分自身の指導

特に病気の時という辛い時は

優しいコーチを心がける事をお勧めします。

 

とはいっても努力をしない訳ではありません。

なるべく出来た所、うまく行った所を探す。

 

おまけとしてうまく行ったことを探して

集めていく事で、

うまく行く方法のレパートリーも増えます。

 

コーチは優しく

出来きたこと、うまく行った事を探す

と覚えておいてください。

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す


3 × = 十二

サブコンテンツ

このページの先頭へ