自分以外の人と関係するということ

スポンサードリンク

今日は対人関係についての記事です。

人との関係で悩むことは多いですよね。

とでは言いきれないくらい多いものです。

 

他人との関係がうつの原因になる

 

まずは他人との関係とうつについてです。

 

うつと対人関係

 

うつの人で対人関係がうまく行かないという場合は多く

うつ病の原因の大きな一つです。

 

生きていく上で他人との関係は避けて通れません。

 

しかし、少しうつになりかけたりすると

他人に対して余裕がなくなってしまい

その結果他人との関係が悪くなってさらに落ち込む

 

このような悪循環になってしまいます。

 

他人はコントロール出来ないのが難しい

 

うつ病など病気になるときは

コントロール出来ないことに悩まないことが重要です。

 

基本としてはコントロールできることとできないことを分けて

コントロールできることに集中する。

 

そうするとコントロールできないことにたいしても

余裕ができてくる。これが基本方針です。

 

他人に期待することを伝える

 

うつで他人との関係が原因となることが多い

コントロールできないことに集中するとうまくいきにくいことを説明しました。

 

コントロールできない他人との関係をどうすればよいか

 

問題は他人はコントロールできないことです。

コントロールできることは自分の行動です。

 

では他人が原因になっている問題は解決できないか。

と言うと実はそうではありません。

 

他人との関係で問題となっている原因は

お互いの期待がずれているため、であることが多いです。

 

となればコントロールできる、自分の伝え方を変えることで

状況が変わる可能性があります。

 

自分の期待を相手に伝える

 

対人関係でしてしまいがちなことは

相手に対する批判です。

その次にしてしまうことは

相手に対する我慢です。

 

この二つでは自分の期待が相手に伝わりにくいです。

 

大切なのは実際にどうして欲しいか伝えること

そしてその正しさを説得するのではなく

そうしてくれると自分がどうなるのかを伝えて

最後にお願いすることです。

 

もちろんこれですべての問題が解決するわけではありません。

他人との関係で自分がコントロールできる部分もある、ということです。

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す


一 + = 2

サブコンテンツ

このページの先頭へ